アバターの技術的な仕様を教えてください

VRMコンソーシアムが定める共通規格に則り、VRM形式で作成されたデータファイルをアバターとして利用できます。

仕様についてはVRMコンソーシアムサイトをご確認ください。
なお、弊社では技術的なサポート対応は行っていません。ご了承ください。
 

利用可能なファイル形式

VRM形式(.vrm)

※UniVRM v0.62.0で書き出したVRMファイルの動作を確認しています。異なるバージョンのUniVRMをご利用の場合、アバターの色味などに違いが生じることがあります。

制限項目

DMM VR Connect(以下「本サービス」といいます。)で利用するアバターはビルドしたファイルのサイズ(maxFileSize)が64MB以下である必要があります。

本サービスではポリゴン数、ボーン数、マテリアル数、テクスチャ数の制限なくアップロードすることが可能ですが、それらの制限は本サービスと連携したアプリ側に委ねられることになります。

本サービスと連携したアプリは、アバターポイントなどを参考に対象アバターがアプリ内で利用できるか判断することができます。

アバターポイントについて詳しくは、アバターポイント(AP)とは何ですかをご確認ください。

アバターヘルプに戻る

コンテンツ改善のためアンケートにご協力ください

このヘルプは役に立ちましたか?

問題が解決しない場合

問題が解決しない場合は下記より、サポートにお問い合わせください